巻き爪の様々な治療と方法、一時的なものから矯正器まで

巻き爪の様々な治療と方法、一時的なものから矯正器までお伝えします!!
MENU

巻き爪の様々な治療と方法、一時的なものから矯正器まで

巻き爪になってしまう原因は色々なところにあります。

 

歩き方の癖で負担がかかっていたり、合わない靴を履いていたり、遺伝ということもあるそうです。
もし巻き爪になってしまったら、または巻き爪になっている場合、どのように治療すれば良いのでしょうか。

 

一番正確なのは病院に行くことかもしれませんが、軽度な場合や病院に行くのは気が向かないという方はご自宅で治療してみて、どうしても良くならない場合は病院に行くのも良いかと思います。

 

たとえば、テープやコットンは指側に貼ることで爪から皮膚を保護することが出来ます。
または矯正器を爪側に装着して形を整えるなど、他にも様々な方法があるようです。

 

しかし「矯正」と名のつくものでないと、巻き爪の根本的な治療は難しいかと思います。
テーピングやシールなどは、痛みが和らいだり一時的に楽になるようです。
費用もそれほどかかりませんし、とりあえずの一時しのぎや軽度な巻き爪に良いかと思います。

 

きちんとした「治療」となると、矯正器を購入し説明書などを良く読みながら自分で進めていきます。
痛みもなく効果もしっかりあるので、病院にお世話になる前に試してみると良いです。

 

歩くというのは生活する上での基本的な事になります。
なので、足に痛みがあると外出も嫌になり、できれば「歩きたくない」と思ってしまう方もいると思います。

 

病院へ通うのも中々大変という方には、矯正器を使いご自宅で治療してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ